■地魚へのこだわり

●いとう漁協は『川奈地区』『富戸地区』の2ヶ所に『自営定置網』を所有しております。 

●毎朝、獲れたて新鮮な地魚達が『伊東魚市場(※いとう漁協)』に運ばれ、そしてセリにかけられ、鮮魚店から消費者へと渡ります。

●漁協直営店のメリットの1つとして『鮮魚店を通さず直接仕入なので時間的ロスが最小限』ということが挙げられます。鮮魚を扱う上で時間はとても大事なことです。少しでも遅れたり、品質管理(温度管理)に問題が出ると魚の味は落ち、足の早い(鮮度が落ちるのが早い)魚は生では食べれなくなります。直営店だからできるスピードで、生食が難しい『うるめいわし』や『そうだがつお』などもお刺身で提供することができる訳です。

●また鮮魚の取り扱いにもこだわっております。『マグロ』『ブリ』などの大型魚はもちろんの事、『真鯛』などの中型魚にも『神経抜き』や『血抜き(生き〆)』などを施し、少しでも鮮度を保った状態でご提供できるよう心がけております。(写真はマグロの神経抜き) ※全ての魚に施しているわけではございません。大きさや使うタイミングで決めております。


●『いとう漁協直営 漁師めしや 波魚波』では『自分たちが獲った魚をお客様に食べていただく!!』というプライドと自信を持って運営しております。あくまでも『伊豆の地魚』にこだわっているため献立のバリエーションが少ないのが難点ですが、ぜひ『旨い伊豆の地魚を』召し上がってください。(写真は富戸定置網近くの城ケ崎のつり橋)


●いとう漁協 自営定置網の内容は公式ホームページをご覧ください。